雑記

過去問で正答率0%をたたき出してしまった浪人生のこれからの作戦

こんにちは。

冬野(@mahuyu_0501)です。

ついさっきノー勉で大学入試の過去問を解いてみて驚きの結果がでてしまったので今回の記事でいろいろまとめてみました。

入試の過去問をノー勉で解いた結果と感想

国語の過去問一回目を終えて

国語は現時点で一番自信がある教科だったが、正答率48%という微妙な結果に終わってしまった。

しかも今回やった三教科の中でこの48%という数字が一番高いと言うのもかなり論外な話だと思う。

 

で、まあ国語総合の問題を解いた感想としては、まず初めに、物語系の文章に沿って問題が出題されるかと思いきや訳の分からない評論分が出てきて「国語じゃなくて社会じゃねえか…」と思ってしまった。

社会経済の評論分がだらーっと三ページくらい書かれていたため、もうこの時点で僕は問題を解く気がなくなってしまったんだ。

 

しかしそうもいっていられず、とりあえず波線部Aの意味をなんちゃらとか破線部アをなんちゃらとかいう問題を次々に解いていき、まあ結果としては分かるところと分からないところ、自信があるところと自信がないところが半分半分くらいの体感だったわけで、実際正答率もそれ相応のものだったわけ。

 

今回の国語過去問を解いてみて思ったことは、古文漢文が出ないテストでどうやって勉強していいかわっけわかロンドン!ってことと、これがBFの学部がある大学の問題って嘘をついてるだろ!って言いたいということ。

 

僕が来年受ける予定の教育学部の一番偏差値の高い学科ではこんな問題を70%以上正解しないと受からないようなので、はっきり言って今の状態では落ちますね。

英語の過去問一回目を終えて

英語は中一くらいまでは得意だったのに、当時の英語の教師がうざかったというのと途中から勉強をやる意味がわからなくなったというのが原因で中三になるころにはクラスで下から数えたほうが早いくらいの順位に落ちてしまっていたし、高校では英語のテストをほぼ運だけで乗り切っていたため正直大学の過去問をいきなりやっても全然わからなかった。

 

そして出た正答率はなんと17%!

これは100点満点のテストなので17点ということになる。

 

よくよく考えてみれば、中三の時は50点満点のテストで20点くらい獲れていたし、高校でもまあ30点くらいはノー勉でとれていたので、100点満点中17点というのはかなり問題が難しいということになる。

 

だからなんでBFの学部がある大学の入試問題がこんなむずいんだよ!って話だ。

が、しかしあくまでこれはノー勉で解いた結果なので、これから受験本番までにあと60点多くとれるようになるだけで合格できると考えれば勉強のモチベーションもなんだかあがってきたような気がする。

数学の過去問一回目を終えて

数学の過去問を解いた僕はあることに気づいた。

 

「一番簡単なはずの問題すら解けない…」

 

なんと、最初の問題からいきなりわからなくなってしまったのだ!

 

Fラン大学の数学なんて2+3とか10×10とかの問題が半分くらいじゃねえの?って思っていた僕の目の前に出てきた最初の問題は連立不等式だった。

連立不等式なんて最後に解いたのもう何年前だかわからない僕は完全にやり方を忘れていて、手も足もでなかったのである。

 

そしてそのあとの証明問題やらなんやらを全部まちがってしまった僕は、驚異の正答率0%をたたき出してしまった。

 

正答率0%という異例の数字を出した原因は以下の三つだと思われる。

・もともと数学が苦手

・最後に数学の問題を解いたのが高2(二年以上前)の時なので忘れている

・本来マークシート方式であるはずのテストの過去問にはマークシートがついていなかった。

と、このようにさまざまな要因が運悪く重なってしまったことが原因で僕は数学の過去問で正答率0%という数字をたたき出してしまったのである。

 

ただ、数学は問題数が少ないためこれからまた勉強しなおせば余裕で100点くらいとれちゃうと思うのでまあそんなに焦ることもないんじゃないかなと現時点では思っている。

正答率0%から半年でどれくらい上げられるのか

まあ結果をまとめると…

・国語48%

・英語17%

・数学0%

という感じになってしまったわけだが、このことから分かるように僕は英語と数学をとにかくやりまくって正答率80%以上を安定してとれるようにならなければ国語でもっとむずかしい文章の問題が出てきたときにワンチャンあぶないので受験本番までの半年間はとにかく英語と数学を勉強しまくりたいと思います。

浪人生や受験生に言いたいこと

最後に、僕と同じように浪人生として大学受験を目指している人や、現役で大学受験を目指している高校三年生の人がこのブログを読んでいたら、ひとつ言いたい。

 

ブランクがあると自分でもびっくりするほど問題が解けなくなるぞと…

 

なので受験を控えている人は本番が終わるまではとにかく毎日毎日勉強を継続して少しでも脳が忘れてしまうのを阻止しなければいけないんだと僕は思うよ。