YouTuber

もしもゆたぼんがYouTuberではなくFXトレーダーだったら

こんにちは。

冬野(@mahuyu_0501)です。

今回は、もしも少年革命家ゆたぼんがFXトレーダーだったら…というくだらないIFストーリーを思いついたので公開します。

ゆたぼんがYouTuberにならなかった世界線

少年革命家ゆたぼん氏がYouTuberではなくFXトレーダーになろうとしていたらどうなっていたんだろうと考えてしまった。

彼は2019年の5月に突如話題になり、不登校系YouTuberの頂点に君臨した天才YouTuberなのだけど、そんな彼が今後FXに興味を示さないとも限らないので、本当に今回の記事で書くような未来が彼に訪れるかもしれない…

ゆたぼんがFXで自由を掴もうとしていたら

FXトレーダーゆたぼんの小学生時代

ゆたぼん少年は悩んでいた。

なんで俺があんなロボットみたいなクラスメイトと同じように学校に行って同じ宿題を毎日やらなければいけないんだと。

 

そんな悩める少年ゆたぼん君はいつものように小学校から帰ってきてインターネットを見ていると、あるサイトを発見した。

 

それはFX完全攻略サイトという謎のサイト。

 

そのサイトを見ているうちに、FXというハイリスクハイリターンな夢の投資があることを知ったゆたぼん君は「よし、俺は将来FXトレーダーになって自由を掴むぞ!」と固い決意を決めたのだった。

 

FXトレーダーを目指すゆたぼん君がまず始めたのは、FXに関する勉強だった。

FXは勉強無しで勝てるほど甘くない。

FXは海外口座であれば日本人でも18歳からトレードできるから俺は18になるまでにFXのすべてを理解してやるぞと言わんばかりの勢いでFXの勉強を始めたゆたぼんであった。

FXトレーダーゆたぼんの中学生時代

FXトレーダーゆたぼん君はFXに出会ってからというものの、小学校には通わなくなり、当然中学校へも通うことはない。

この世界でも彼は不登校になったのだ。

しかし、現世とは違い、YouTuberになることはなく、ひたすらFXについて学ぶだけの日々を過ごした。

 

少年革命家ゆたぼんがFXと出会ったのは10歳の時、今は15歳。

中学校三年生の同級生はみんな受験勉強に励みつつ、学校で友達と楽しく会話したり、気になる異性と恋愛ごっこを楽しむなか、革命家を名乗る少年はただ一人自宅にこもり、FXを極めようとしていた。

FXトレーダーゆたぼんの高校生時代

FXトレーダーゆたぼんは義務教育である中学校を卒業しても当然高校へは進学しない。

 

高校へ進学せず、相変わらずFXについて勉強し続けるゆたぼん君だが、これまでとひとつだけ違うのは、アルバイトをしているということだ。

 

本来であればアルバイトをする時間をFXの勉強に費やしたいところだが、彼の計画では18歳でFXのリアルトレーダーデビューする予定なのでそれまでに資金を用意する必要があったのだ。

 

FXで自由を掴むためには最低でも100万円くらいの資金を用意する必要があると知っている彼は、その100万円をアルバイトで稼ごうとしている。

そうして彼は同年代のみんなが毎日充実したハイスクールライフを送っているなか、ひたすらバイトとFX勉強だけに明け暮れる日々を過ごすのであった。

FXトレーダーゆたぼんの大学生時代

FXトレーダーゆたぼんは18歳になると、いよいよ今まで積み重ねてきた知識を武器に実践に移った。

周りの同級生たちはみな受験や就職の話題で盛り上がり、学校から家に帰ると恋人や友達と充実した日々を過ごしているのに、FXトレーダーゆたぼんはただひたすらチャートと向き合う生活をしている。

 

15歳から17歳までアルバイトをしていたゆたぼん君は目標の100万円をとうにため、FXをのリアルトレードを始める準備をすべて終え、とうとう自由への扉を開き、前に歩み始めた。

 

彼の知識と相場観は並大抵の18歳のそれとは違った。

 

100万円という巨額を表情一つ変えずに動かした。

 

普通のFXトレーダーであればそのほとんどの人が資金を溶かし退場していくが、革命家トレーダーのゆたぼん君はそんなことはなかった。

 

彼の腕は確かで、海外口座で888倍のレバレッジをかけたスキャルピングトレードを行い、1日に100万円をこえる利益をたたき出した。

FXトレーダーゆたぼんの成金時代

天才FXトレーダーゆたぼんの名が世間に広まったのは彼が19歳になるころだった。

彼は18歳で100万円の資金を元手にハイレバスキャルピングを用いたトレードでFXの世界に参入し、19歳になるころには1億円にまで増やすことに成功していたのだ。

 

メディアは彼を第二のcis、第二のBNFと呼び、彼の登場によってFX業界は波紋を呼んだ。

 

しかし、彼が10歳から不登校だったという事実を知るとそれをよく思わず批判をする人々もちらほら現れたのであった。

 

ただ何を言っても19歳で1億円を稼いだという事実は揺るがず、彼は最強で最年少の成金の異名を持つことになる。

 

しかし、FXの世界は天才ゆたぼんに牙をむく…

 

ある日、いつものようにハイレバスキャルピングでトレードを行うゆたぼん氏だったが、異変に気付く。

「あれ?相場の動きがおかしい」

スキャルピングというトレードスタイルの特性上、異変を感じたらすぐに損切りをすべきなのだが、長年FXの勉強を重ね、事実1億円という大金を稼ぎだした彼の辞書に損切りなどという臆病な選択肢はなかった。

「相場は俺のポジション通りに動くものだ。」

自信満々な彼を地獄へ叩き落す出来事が起きる。

 

なんと、今まで100円付近をさまよっていたドル円がほんの1秒の間に5円まで落ちたのだ!

ハイレバスキャルピング&ロングでトレードしていたゆたぼんの資金は一瞬のうちに溶けた。

 

天才ゆたぼんは10歳から19歳までつみあげてきたものすべてをわずか1秒で壊された。

 

彼はこの時、FXという魔物に人間が立ち向かうことの愚かさを痛感した。

その後彼の姿を見たものは誰もいないという…

ゆたぼんはYouTuberとして成功できるのか

まあこんな感じで、ゆたぼん君がFXトレーダーになった世界線の予想を自分なりにしてみたわけだけど、たぶんこんな未来になることはないだろうね…

というか人生の一番大事な時期である10代をすべてFXに捧げたのに1秒ですべて壊されるとか残酷すぎるから彼にはこんなルートを辿ってほしくない。

 

で、現実のゆたぼん君はFXトレーダーではなくYouTuberとして生きているわけだけど、彼はこのままYouTuberとして成功できるのか自分なりに考えてみた。

 

まず、YouTuberにとって重要な要素であるチャンネル登録者と再生回数だけど、彼のチャンネル登録者は役41000人(2019年6月時点)だ。

あれだけ話題になって新聞やテレビなどでもとりあげられたのにこの登録者数はちょっと少なすぎじゃね?と思ってしまう。

 

YouTuberが企業案件を受けるときは大体登録者×1.5の価格で受けるのが相場らしい。

そうなると仮にゆたぼん君が5万人登録を達成しても企業案件1本7万5千円しかもらえない。

 

月に2回企業案件をやっても15万円。

YouTuberは短命だし、特に彼のように突発的に有名になる人はその傾向が強いため、企業案件をやっても月に15万円では物足りない気もする。

 

次に再生回数だけど、彼のチャンネルの総再生数は役900万回なので、定石通り再生数×0.1円が収益だとすれば90万円しか稼げていないことになる。

 

月に90万なら確かに成功したと言えるが、年間でこれだけだと企業案件の月15万円×12の180万円と合わせても270万円。

 

自由をつかみ取ったとは言い難いよね。

 

ただ、ゆたぼん君は最近話題になったばかりだし、あと10年くらいYouTuberを続けていれば要所要所で話題になっていくだろうから今の10倍くらいの影響力を手にすることがあるかもしれないから、未来はまだ変えられるよね。