ビジネス

工場作業員に向いている人の特徴

こんにちは。

冬野(@mahuyu_0501)です。

工場作業員という仕事に向いている人はどんな人なのかをまとめたので工場で働きたいと思っている人は参考にしてください。

対人恐怖症の人

対人恐怖症の人は工場作業員に向いていると思います。

なんでかっていうと、対人恐怖症の人がバイトをしようと思ったとき、まず飲食店やコンビニみたいに接客が伴うところは無理じゃないですか。

そうなると次に考えるのが配達系のバイトですよね?

でも配達系のバイトも結局は届けに行った家でお客さんとやりとりしなければいけないですから同じようなものです。



じゃあ対人恐怖症で接客が一切できない人は働けないのかというとそうではなく、最後の手段として工場作業員があるんです。

 

工場作業員は基本的には最初の一ヶ月で仕事を覚えてしまいあとはもう決められたことを一人で黙々とやるだけでお金が発生するため、対人恐怖症でも長期にわたって働ける可能性が高いです。

しかし、注意すべきなのは、お客さんとの関りはなくても同僚との関りはあるということ。

仕事中は他の業種に比べ一人で作業することが多いものの、休憩時間になると作業員は一斉に休憩することが多いためそこで他人から話しかけらる可能性はあります。

 

ただそれでも他の業種より人との関りが圧倒的に少ないため工場作業員は対人恐怖症の人に向いているということが言えますよね。

運動不足な人

運動不足な人は工場作業員になるべきです。

なんでかっていうと、運動不足な人がオフィスワークに就職してしまうと余計運動不足になってしまうから。

 

それだと身体によくないし、自分で運動しようと思っていても今まで運動不足だった人がそう簡単に運動できるとは思えないので、仕事で体を動かさざるを得ない工場作業員になれば自然と運動不足は解消されるのです。



学生時代から体重が10キロ以上増えてしまい、体脂肪率も高くなってしまったという人はぜひ工場作業員になったほうが良いでしょう。

あまり頭を使いたくない人

あまり頭を使いたくない人は工場作業員になると良いです。

なんでかっていうと、工場作業員になると一度でも仕事を覚えてしまえば半永久的にそれだけをやってお金がもらえるからです。



工場作業員はバイトで時給900円くらい、正社員で月収20万円くらいの求人が多く、割と稼げないイメージのある仕事ですが、時給1500円のバイトを必死こいてやるよりはそっちの方が良いという人はある程度いると思うので、そういう頭を使いたくない人は工場作業員をやるべきですよね。

筋トレがしたい人

筋トレがしたい人は工場作業員になると筋トレができます。

筋トレをしたいけど筋トレ器具を買うお金がないしジムに行くにしてもなかなか続かなそうで一歩踏み出せないという人はいると思うんですよ。

それで自重トレーニングを自宅でやってみるけどあんまり続かないで終わってしまったりね。

そういう人は工場作業員になると良いと思います。



工場作業員になると一日運動しまくりなので何も意識せずとも筋トレになりますし、もっと言うと車関係の工場で作業員になれば1つ10キロ以上する部品を扱うことができるのでそれで筋トレになるわけです。

なので筋トレがしたい人は工場作業員になると筋トレができるということになりますよね。

ロボットになりたい人

ロボットになりたい人は工場作業員になれば限りなくロボットに近づくことができるのでオススメです。

工場作業員は基本的に毎日毎日同じ作業ばかりするので、その動きはまるでロボットのように見えるはずです。



ロボットになりたくても今の科学力ではなれないので、工場作業員になって毎日毎日同じ作業を機械的にこなすことができればそれはもうロボットになっているようなものだと思いませんか?

 

このようなことからロボットになりたい人は工場作業員になるとロボットになれるんじゃないかと思います。

工場で働きたい人にオススメな求人サイト

工場で働きたいけどアルバイト求人誌にはなかなか工場の求人が載らないためどうやって応募したらいいのかわからないという人もいますよね。

そこでオススメなのが工場ワークス

★工場ワークスは、全国各地の工場に関する求人を扱っている求人サイトです

★具体的には、検品・検査・調整、仕分け・梱包・ピッキングなどの軽作業をはじめ、 フォークリフトやクレーンなどの機械を操作する仕事、食品加工や工場事務の仕事などがあります。

★雇用形態もさまざまで正社員やバイトだけでなく派遣社員や契約社員の求人も用意されているのが工場ワークスの魅力です。

【工場ワークス】なら見つかる♪あなたにピッタリのお仕事!