アイドル

お笑い芸人のバナナマンが勝ち組な理由について

うぃーっす。

冬野(@mahuyu_0501)です。

お笑い芸人のバナナマンは間違いなく勝ち組だと思うんだ。

今からその理由を一から説明しようと思う。

バナナマンは勝ち組コンビ

バナナマンとは、ホリプロ所属で結成26年目になるお笑い芸人コンビだ。

 

バナナマンといえば誰もが知っている人気のお笑いコンビだし、二人ともテレビで見ない日はないというくらいめちゃくちゃ活躍しているからすごいよね。

設楽統が勝ち組な理由

バナナマンのボケ担当である設楽統は、ノンストップという平日毎日放送される帯番組や、ゴールデンタイムに放送される地上波番組のMCを務めているため、めちゃくちゃ年収が高いことで有名なんだ。

 

設楽さんは高校を卒業後、すぐには芸能界に入らず、鉄道会社に就職して普通のサラリーマンとして働いていたという。

有名な芸人の中には普通の仕事ができない社会不適合者みたいなやつも多いのに、鉄道関連というバリバリ社交性が求められる職種に就いてすぐに辞めるわけでもなく働けていた設楽くんはやっぱりすごい。

 

そう思うと彼の場合は芸人で成功できなかったとしてもそれなりに充実した人生を歩んでいた可能性が高いよね。

 

あと、設楽さんは芸人を始めてまだ今みたいに売れていない頃に結婚をしている。

しかも嫁はかなり美人らしい。

売れていない時期に結婚までするくらいだから相手の女性もきっと金目当てではないだろうし、本当に心から設楽統という男性を愛していたんだろうなあと思うと、やっぱり設楽くんは勝ち組だとしか思えない。

日村勇紀が勝ち組な理由

バナナマンのツッコミ担当である日村勇紀は、あんな化け物みたいな顔面なのに、設楽君に引けを取らないくらい人気でバラエティー番組にもめちゃくちゃ出演している。

もちろん年収もかなりある。

 

しかも、2018年には美人アナウンサーの神田愛花と結婚をしているため、そんじょそこらの一般人では顔面が不細工という理由だけで日村さんをバカにすることができなくなってしまった。

だって顔面不細工でもめちゃくちゃ面白いことが言えて、神田愛花アナウンサーのような美人と結婚できている時点でコミュ障イケメンよりマシだからね。

 

日村さんは個人では相方の設楽さんよりも芸歴が長いのに、設楽さんと同じくらいの芸歴の芸人にきちんと敬語で話すことが多いんだ。

 

それに関して僕が思うのは、やっぱり有名になっても天狗にならないということは大事なんだなと…僕もブロガーとして天下を取った日には弱小ブロガーの人を馬鹿にするようなことだけは絶対にしないぞと誓った。

バナナマンが人気の理由

バナナマンというコンビが人気の理由は単純にネタが面白くて二人のキャラがきちんと立っているからだろう。

あと、個人的には見た目のバランスもかなり良いと思っている。

 

ブサイクでデブで気持ち悪い日村イケメンでクールで知的な設楽がコンビを組んだからこそバナナマンというコンビはこんなにも人気になれたんだと思うし、もしどちらか片方が違う人とコンビを組んでいたらきっと売れることは無かったと思う。

 

例えば日村勇紀とタイガーフユノがコンビを組んでいたとしたら、顔面が気持ち悪い者同士だから女性ファンが絶対につかなくて舞台でネタをやったら何人か気分が悪くなってトイレに行っちゃいそうだし、設楽統とタイガーフユノがコンビを組んでいたら、いつもお互いの主張がぶつかり合って口喧嘩ばかりしていただろう。

 

そう考えるとやっぱバナナマンは設楽統と日村勇紀だからこそ成り立っているんだなと改めて実感できるんだ。

バナナマンは中堅芸人から大物芸人になりつつある

バナナマンは2019年で芸歴26年目になる中堅芸人だけど、実力や人気を考えるともう十分大物芸人の枠に入っているんじゃないかと思う。

 

二人ともバラエティー番組に出まくっているし、設楽さんなんかはMCをやりまくっているから、コンビ二人の年収を合わせて5億円以上とも言われているしね。

内訳としては設楽統3億円の日村勇紀2億円という説が一番有力。

 

年収1億円でもすごいのに2億だの3億だの稼いでいるとしたらもう大物すぎるよなバナナマンって…

 

日村さんに関してはブサメンでも2億円を稼げるということを証明して見せたわけだし、世の中のキモオタブサメンは日村君みたいに年収2億円を目指せばいいんじゃないかな。

バナナマンは乃木坂46の公式お兄ちゃん

バナナマンは、アイドルグループの乃木坂46と一緒に乃木坂工事中(旧乃木坂ってどこ?)というバラエティー番組をやっていて、長いこと交流があったため「乃木坂46公式お兄ちゃん」に認定されている。

乃木坂46は僕も大好きなアイドルグループなので、これに関しては「俺だって乃木坂46と一緒に番組をやりたいわ!」と素直に嫉妬してしまう。

 

てか、番組の最初にバナナマンの二人がカメラ目線で「どーん!!!」とかいうけど、あれやるんだったら足立区役所すぐキレる課の人にやらせたほうが絶対面白いだろ!

てかもう間をとって俺にやらせろよ!

 

ということなんで、乃木坂工事中の番組プロデューサの人はこの記事を見たらいますぐ僕のTwitterにDMを送ってきなさい!

とか言って本当に送られてきたらビビるけどね…

キモオタでは一生バナナマンに勝てない

よく乃木坂46のオタクの人で「なんでバナナマンみたいな芸人が乃木メンと親しくできるんだ!」と思っている人がいるけど、それはバナナマンが超大物芸人だからしかたないのさ。

 

乃木坂ってどこ?のとある回で設楽さんが「(君らも乃木メンと合法的にイチャつきたいなら)日村さんみたいに上がってくるしかないよね?」とキモオタ軍団を煽ったことがある。

これを見たときの僕は乃木坂のことを知ってからまだ日が浅く、バナナマンというお笑いコンビのことも全然知らなかったので、「おんどれ寝ぼけたことほざきやがってコラア!」とエセ関西弁でブチギレた記憶がある。

しかし今となっては日村勇紀がいかにすごい人間であるかを十分知ってしまったうえにさらにその日村さんより格上である設楽さんにそんなことを言われてしまっては、僕のような小物は何も言い返せないと気づいた。

 

だから、いまバナナマンのことをうざったく思っている乃木オタ諸君は、いずれバナナマンが自分よりはるかに上の世界にいるということに気づいて、そんな怒りなど消え去っていくことだろうと思う。

 

バナナマンのことを嫌っているキモオタが10人集まっても100人集まっても彼ら二人に勝つことは無理という現実を早く受け入れて、バナナマンのことを好きになりましょう。